ニュースと出版物
個人所得税法が修正、可決 新たな徴税基準が10月1日より施行へ
Thu Nov 01 14:12:00 CST 2018 発表者:华诚小編

このほど、第13期全国人民代表大会常務委員会第5回会議にて、「「中華人民共和国個人所得税法」の修正に関する決定」(以下、「決定」という)が可決された。2019年1月1日より施行される。

「決定」では、居住者個人の総合所得(賃金、給与所得、労務報酬所得、原稿料所得、特許権使用許諾料所得)については、各納税年度の収入額から費用6万人民元、及び特定控除、特定付加控除、法に則り確定するその他の控除を差し引いた後の余額を課税所得額とすることを明確にしている。「決定」では、労務報酬所得、原稿料所得、特許権使用許諾料所得は、収入から20%の費用を差し引いた後の余額を収入額とすることに言及している。原稿料所得の収入額は70%で計算する。「決定」により、2018年10月1日から2018年12月31日まで、納税者の賃金、給与所得は、まず毎月の収入額から5,000人民元の費用及び特定控除と法に則り確定するその他の控除を差し引いた後の余額を課税所得額とすることを明確にしている。

(出所:中国人大網)

当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin