ニュースと出版物
華誠パートナーが第18回上海知的財産権国際フォーラムに出席、基調講演を行う
2021-10-22 発表者:华诚小編

10月19日、「デジタル経済時代の知的財産権保護と国際協力」をテーマとした第18回上海知的財産権国際フォーラムが上海にて開幕した。今回のフォーラムは中国国家知識産権局、世界知的所有権機関および上海市人民政府が共同で主催し、上海市知識産権局が運営を行った。

 

10月20日午後、上海市知識産権局が主催し、上海市知的財産権サービス業界協会が運営を行った第18回上海知的財産権国際フォーラムのサブフォーラム&第2回SIPSA知的財産権サービス国際サミットが上海市錦江ホテルの小ホールで成功裏に開催された。今回のサブフォーラムのテーマは「イノベーションの力の凝集、国際協力の強化」であり、中国と外国のゲストらはオンライン、オフラインの同時進行で交流と討論を展開した。

 

華誠所執行主管パートナーの楊軍弁護士とパートナーの楊煜弁護士が招待を受けて20日午後のサブフォーラムのイベントに出席した。

 

微信图片_20211021161423--.jpg


フォーラムでは、楊煜弁護士が招待を受けて「人工知能分野における知的財産権保護の司法実務」をテーマに基調講演を行った。

微信图片_20211021161512--.jpg

当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin