ニュースと出版物
刑事訴訟法修正草案の第二審稿が意見を募集
Thu Nov 01 11:19:00 CST 2018 発表者:华诚小編

先ごろ、中国人大網は「中華人民共和国刑事訴訟法(修正草案)(第二次審議稿)」(以下、「二審稿」という)を公布し、社会に向けて意見募集を行った。意見のフィードバックは10月4日までであった。

「二審稿」では、当番弁護士が提供する「弁護」を「法的幇助」に修正し、かつ「提訴又は告訴の代理」という内容を削除した。同時に、関連条文において、検察院が提訴事件を審査し、当番弁護士の意見を聞き取り、被疑者が罪や処罰を認める誓約書に署名する際に、当番弁護士がその場に同席することを規定した。検察院から出された量刑の提議については、「二審稿」では以下の通り修正された。

1つは、被疑者が罪や処罰を認めた場合、検察院は量刑に関する提議を出さなければならないことを明確にしている。2つめは、裁判所が、審理を経て、量刑の提議が明らかに不適切である、または被告人、弁護人から量刑についての異議があった場合、検察院は量刑に関する提議を調整することができる。このほか、「二審稿」ではまた、欠席審判の適用範囲を「汚職賄賂犯罪事件、及び、最高人民検察院が認めた、速やかに審判しなければならない、国家安全を厳重に脅かす犯罪、テロ犯罪事件」に修正した。

(出所:中国人大網)

当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin